1. HOME>
  2. コラム>
  3. サロンのお手入れが自宅でも!驚異の店販商品”DENKI BARI BRUSH(電気バリブラシ)”>

サロンのお手入れが自宅でも!驚異の店販商品”DENKI BARI BRUSH(電気バリブラシ)”

みなさんこんにちは。BeautyMarket事務局です。
毎月サロン経営を向上させるための旬な情報をお届けするこのコラム、第一弾は、2016年4月、BeautyMarket来訪者による商品名検索キーワード第二位の“DENKI BARI BRUSH(電気バリブラシ)”をご紹介します。

電気バリブラシとは?

電気バリブラシは、約2mmの32本の銀のピンヘッドから出力する低周波の刺激が心地よい、サロンで受けるヘッドスパ体験を自宅で再現できる今話題の美容器具です。 現代人のライフスタイルの変化に伴う、眼精疲労などをふくむ頭部の疲労でお悩みのお客様にお薦めしやすい店販用アイテムとして、BeautyMarketでも人気です。

人間の頭はパズルのように、23個のパーツが組み合わさりできていますが、日々のストレスや生活習慣によって、このパーツにわずかなズレが生じ、つなぎ目部分にある脳神経や血管を挟み、圧迫してしまうことによって、頭を覆っている薄い筋膜が固くなってしまいます。これが、顔のむくみ、エラの張り、目の疲れ、偏頭痛など、様々な症状の原因になりえます

電気バリブラシの効能と使い方

メーカーさんの説明によれば、電気バリブラシは、ブラシ先端のピンヘッドから発生する低周波(周波数500hz~1khz)で、立毛筋を1秒間に約1000回振動させ、毛根にアプローチ。頭皮の状態を改善します。

使い方は次の簡単3ステップ!

STEP 1頭皮の確認とクレンジング・シャンプー

まずは頭皮の固さをチェックしてから、毛根に付着した皮脂や汚れをすっきりと落としましょう。潤いを保つためにローションタイプやミルクタイプのものでやさしくクレンジングします。

STEP 2潤い補給とハンドマッサージ

毛穴の詰まりや汚れを解消し、頭皮を清潔にした後は、水分・潤いを補給して、皮膚が潤っていて健やかな頭皮環境を整える事が大切です。
タオルドライをしてからELECTORONスカルプトリートメント(推奨商品)を頭皮に満遍なくスプレーし、揉みこむようにマッサージしてなじませていきます。

STEP 3電気バリブラシでヘッドケア

髪や頭皮を軽く乾かしてから髪をかき分けて、頭皮に電気バリブラシのピンが垂直になるようにフィットさせてブラシを揺らすように少しずつ動かしながら前頭部から後頭部にむかってかけていきます(10分~20分が使用時間目安です)。
髪の生え際や、毛の薄い部分、乾燥している肌などは、刺激を感じやすいのですが、水やELECTORONスカルプトリートメント等で少し潤わせてから、ブラシをかけると気にならなくなります。

BeautyMarket事務局で試してみました!

電気バリブラシの効果を実際にBeautyMarket事務局が試してみました。
上記ステップに従って、電気バリブラシを用いて20分ヘッドケアをしてみたところ、頬があがり小顔になっているように思えました(Before-After参照)。
テストをしてみたNからも「刺激が心地よいし、頭の皮膚が柔らかくなって頬があがった気がする!」と絶賛されています(※あくまで個人の主観的意見です)。

  • Before
  • After

安心・安全の電気バリブラシ

POINT 1安全設計の青と赤のLED

LEDは発光ダイオードとも呼ばれる特定波長領域を選択的に発光することのできる半導体素子です。LEDを植物にあてることで細胞エネルギーが増大することをNASAが発見し、その後生体への作用が研究され目的に応じた利用が可能になってきました。有害な波長は含んでいませんので肌に与えるダメージは無いとされています。

POINT 2からだと電気の優しい関係

私たちのからだには微弱な電気が流れています。それを「生体電気」と言います。私たちが生きていく上で生体電気は非常に重要な役割を持っています。たとえばケガなどで皮膚の細胞が傷ついたときに、そこに傷の修復を助ける「損傷電流」という微弱な電気が流れます。そのことは昔から電気生物学者は知っていました。微弱電流は細胞の修復の手助けも担っていたのです。また外部から皮膚に電気を流した場合、電気は皮膚の一番抵抗が低い経路をたどって流れます。もし、ここで程よい間隔をもった多点式の電極を配列したとするならば、その最短の距離で、かつ限局的に集中した電気エネルギーが効率よく流れることになります。

昔から生体と電気の応用は、筋骨のスポーツ損傷のリハビリ、除痛、疲労回復、血行促進などの役目を担う理学療法や鍼灸療法が中心でした。もともと生体電気の発見は、イタリアの科学者ガルバニーによりカエルの足の筋肉が異種金属に触れ、流れる微弱な電気の刺激によって収縮する現象に端を発します。電気は、私たちが持っているからだの活動に役立っているという事になるでしょう。

一般社団法人未来医学財団
理事長 山野井 昇

生物物理学者。日本マイナスイオン応用学会会長。東京大学大学院医学部研究所にて40数年にわたり医療、健康、福祉、美容などの最先端分野に従事。

トップスタイリストが教える【電気バリブラシのススメ】

BeautyMarketの会員専用コンテンツとなります。続きはログインをしてご覧ください。

BACK TO TOP