1. HOME>
  2. コラム>
  3. 【店販モンスター】復元ドライヤーの特長と使い方!>

【店販モンスター】復元ドライヤーの特長と使い方!

みなさんこんにちは。BeautyMarket事務局です。
毎月サロン経営を向上させるための旬な情報をお届けするこのコラム、第12弾は、【店販モンスター】との異名をもつ「復元ドライヤー」をご紹介します。

野生の美を、呼び覚ませ 復元ドライヤ—

「復元ドライヤー」とは?

ルーヴルドー独自の「振動気化乾燥方式」で低温でも速乾を実現し、「育成光線」と「マイナス電子」の効果で頭皮の血行を促進し、キューティクルを引き締め潤いを保つことで、美髪を実現するのが、この「復元ドライヤー」です。

従来のドライヤーとのちがい

突然ですが、みなさんは髪は何でできているかご存知でしょうか?
答えは「タンパク質」です。
髪は主にタンパク質からできているので、一番の敵は『高熱』、つまりドライヤーということになります。
従来のドライヤーは吹出温度が約120℃、髪には約80℃の熱風が届いています。
タンパク質は60℃以上の熱でタンパク変性が始まります。「タンパク変性」とは、例えば、生たまごの白身に熱を加えると透明から白くなり固まります。この「タンパク変性」はタンパク質からできている髪にも同じことが起こります。つまり、高温を加えることで髪はだんだん硬くなり、キューティクルがはがれやすくなります。さらに、この状態でブラッシングやタオルドライで摩擦を与えると、簡単にキューティクルがはがれてしまいます。

しかし、「復元ドライヤー」は「振動気化乾燥方式」により、低温でも従来のドライヤーと同等の乾燥時間を実現。タンパク変性を起こさずにしかも素早く乾かすので、髪へのダメージを大幅に軽減しています。

「復元ドライヤー」3つの特長

育成光線

髪と地肌に岩盤浴を超える温熱効果

育成光線とは、波長6〜20μmの遠赤外線の一種で、細胞内の水分と共振共鳴作用を起こすなど熱エネルギーを人体に効率よく伝えることで知られ、医療・健康分野での活用に注目が集まっています。照射された育成光線によって、頭皮に温熱効果をもたらし血行を促すなどの様々な働きと共に、水分を保ちながら髪に自然なツヤを与えます。
「復元ドライヤー」で使われる天然鉱石「温光石」は育成光線を大量に放出します。その放射率はなんと93%。これは岩盤浴でよく使われる他の代表的な鉱石よりも圧倒的に高い数値です。育成光線の温熱作用は放射率90%を超えると飛躍的に高まることが知られており、それを無理なく実現しているのがこの「温光石」です。復元ドライヤーでは、微粒子状にした「温光石」を熱源のヒーター部やフィルター部分に採用。熱による増幅効果も加わって、育成光線の高効率な放射を可能にしています。

髪と地肌に岩盤浴を超える温熱効果の画像

マイナス電子

キューティクルを引き締め、潤いとまとまりを与えるために、マイナス電子を効率的に髪に届ける

プラス電子は酸化(=身体がさびる)、マイナス電子は還元(=身体が若返る)、という性質があります。マイナス電子のエネルギーで活性酵素の除去や、細胞を元気にする役割を果たしてくれます。
マイナス電子のエネルギーを細胞にチャージすることで、髪の健康を支える細胞を元気にします。髪への働きとして、キューティクルを引き締め、潤いとツヤを与えるのが特長です。静電気が抑制されるため髪のまとまりもよくなり、また、血流も促進され、地肌のイオンバランスも保たれるなど、根本的な部分から実感しやすい手触りまで、幅広い効果が期待できます。

振動気化乾燥方式

熱で乾かさず、振動で吹き飛ばす。発想の転換で実現した、振動気化乾燥方式

「振動気化乾燥方式」によって、髪を傷めない低温でありながら速乾を実現しています。これは、髪についた水分を振動によって細かくし、風で吹き飛ばす方法で乾燥させます。水分を保ちながらキューティクルを引き締めるので、しっとりと潤ってまとまり、艶のある髪に仕上ります。
無理に高熱を加えて強制的に乾かしていたこれまでの方法とはまったく違う、革新的な乾燥方法です。

熱風蒸発乾燥方式
髪に付着している水滴を、
高温の熱風で蒸発
振動気化乾燥方式
髪に付着した水分子を
振動で細かくして吹き飛ばす

復元ドライヤー、使い方のコツ

HIGHモードで濡れた髪を乾かす

point1の画像
普通のドライヤーのように遠くから風をあてるのはやめましょう。髪の毛がボサボサするだけでちっとも速く乾きません
point2の画像
熱を逃がすためにドライヤーを振るのはやめましょう。ヘアーがほぐれてまとまりのない仕上りになってしまいます
point3の画像
髪に対して垂直にドライヤーをあてると速くキレイに乾きます

LOWモードでスタイリング

point1の画像
LOWモードで使うと効果も得られて電気代も節約できます
point2の画像
近づけて使うことで、復元ドライヤーは効果をより発揮し、ツヤ感良く、まとまりよく仕上ります
point3の画像
ドライヤーを振ったりせずに、手ぐしにあわせてゆっくり動かすと効果的です

LOWモードでボディケア

「育成光線」「マイナス電子」「振動気化乾燥方式」の効果は全身に使っても効果あり。
余計な電磁波をカットしているので安心して使えます。
※乾燥が気になる方はローション等を付けてからご使用ください。

お顔キュッとケア
(往復3回を左右で行います)

step1の画像
鎖骨にそってドライヤーを動かし、鎖骨周辺と首の横を上下に動かし首の横を温めます
step2の画像
あごから耳の下、あごからこめかみへとフェイスラインをなぞって温めます
step3の画像
目を閉じて目の周りを温めたら、あごから耳へのラインと首を通って鎖骨辺りを再度温めてください

上向きバストケア
(往復3回を左右で行います)

step1の画像
鎖骨に沿ってドライヤーを動かし鎖骨周辺を温めます
step2の画像
鎖骨を通ってわきの下へとドライヤーを動かしてわきの下を温めます
step3の画像
わきの下からバストの下側の輪郭を通り胸の中央まで温めます

ウエストキュキュっとケア
(往復3回を左右で行います)

step1の画像
外から内にそけい部を温めます
step2の画像
あばらの辺りからおヘソの下まで温めます
step3の画像
背骨のわきから横を通りそけい部へ
背骨のわきから横を通りバストの下へと温めます

まんまるヒップケア
(往復3回を左右で行います)

step1の画像
ヒップの上のくぼんだ辺りをぐるぐると温めます
step2の画像
ヒップの輪郭にそって温めます
step3の画像
ヒップの輪郭にそって温めます

あこがれ美脚ケア
(左右で行います)

step1の画像
そけい部を温めます
step2の画像
そけい部から、太もものサイドを二度よく温めます
step3の画像
内側のくるぶし辺りから膝までを温めます
膝まわりはぐるぐると回しながら温め、最後に膝の内側からそけい部へと温めます

首・肩こりケア
(往復3回を左右で行います)

step1の画像
首の骨のわきをドライヤーを上下させて温めていきます
step2の画像
耳の下から、首の横を通り肩先まで温めていきます
step3の画像
鎖骨の内側から鎖骨の外側を通りそのままわきの下まで温めます

本体のケアもとっても簡単

!必ず電源スイッチを「OFF」にして、電源プラグをコンセントから抜き、本体が冷えてから行ってください

本体の拭き取り画像
本体の拭き取り
サロンでご使用の薬剤などが付着したまま放置すると本体が劣化する原因となります。
本体の汚れは、水で薄めた中性洗剤を布に含ませ、硬くしぼってから拭き取ってください。
※ベンジン・シンナー・灯油・ガソリン・アルコールなどは絶対に使用しないでください!
ホコリのチェック画像
ホコリのチェック
吹出口や吸入口に付着したホコリや髪の毛は、歯ブラシや掃除機などでこまめに取り除いてください。
※吸入口はフィルタカバーです。突起に指をかけ、左回転で取り外せます。
内側に網目のフィルタが設置されていますので、こまめにホコリを取り除いてください。

会員向け「サロンでの活用インタビュー」追加掲載!

BeautyMarketの会員専用コンテンツとなります。続きはログインをしてご覧ください。

復元ドライヤ—のご購入はこちらの画像
復元ドライヤ—の詳細はこちらの画像
BACK TO TOP